大道内科クリニック

MENU

コラム

低炭水化物ダイエットは安全なのか?

低炭水化物ダイエットは安全なのか?

糖尿病の方が低炭水化物食をとると確かに血糖の上昇は抑えられます。
一見好ましいように思われます。しかし、一日に摂取するカロリーが同じで、低炭水化物食にするということは蛋白質と脂質の摂取量が増えるということを意味します。

脂質の過剰摂取により動脈硬化が進行する可能性があります。
故に、日本糖尿病学会は低炭水化物食を推奨しておらず、三大栄養素の適正な摂取比率(炭水化物50~60%、蛋白質20%以下、脂質25%以下)を推奨しています。