大道内科クリニック

MENU

コラム

体重をおとすということ。

体重をおとすということ

体重をへらすことは容易ではありません。60kgの方が、1kgの体脂肪を燃焼するのに116kmのランニングをしなければなりません。毎日2kmのランニングをしたとして、2ヵ月間かかります。ウォーキングだと36時間かかります。
故に運動療法は大切ですが、それ以上に食事療法が重要になります。

一日3食とり、夕食は少なめで、腹八分目にし、毎日体重計にのり、体重を記載することが大切です。毎日体重計にのり、2週間から1ヵ月たって体重が減らないのであれば食事量を更に8割程度に減らす必要があります。

ただし、脱水で体重が減るのは好ましくないです。水分はしっかりとり、食事量を減らすのです。カロリーゼロのジュースやお菓子などの間食をしないことも重要です。急激なダイエットは好ましくなく、月に0.5~1kg減量する程度のスピードが好ましいです。摂取カロリーを一日240kcal減らすと月に1kg、一日120kcal減らすと月に0.5kg減量できる計算になります。そのペースであれば年に6~12kg減量できる計算になります。
体重をおとすのは大変であるため、まずは現在の体重を増やさない事が最も重要でしょう。